GR3

ふらり京都。再開は蓮華寺から。

8月に入って早々、京都へ行ってきました。

最後に訪れたのが2月だったので、5カ月自粛した形になる。
自由に動き回ることが難しい近頃、上手く表現できない「澱」のようなものが心に溜まってきていてだんだんと制御することが難しくなってきていた。
もちろん、京都に行ったからその「澱」が全て流されるわけではないが、少なくともきっかけにはなる。
それでも当日の朝まで、出かけて良いものか散々悩んだ。
だから気持ちを盛り上げるために、京阪電車のプレミアムカー代(500円)を奮発したほど。

実はまだ行ったことが無い貴船神社からスタートする予定だったのだが、叡山電鉄の市原~鞍馬間がバスの振り替え輸送になっている現状、なんだか面倒になったので、蓮華寺から始めることにした。

・蓮華寺
・下鴨神社
・永観堂
・omo cafe
・喫茶葦島

これが今回の目的地。
omo cafe以外はこれまでも何度か訪れているけれど、とにかく、ふらり京都の再開はこの5ヶ月の間、行きたいなあと思っていた場所から始めることにした。

GRで撮る京都

今回のお供のカメラは、α7s、GRⅢ、そしてtokyographerのワイドレンズを付けたiPhoneSE。
そのカメラごとに何を撮ったのか?
そんな形でこの記事をまとめてみました。
だからかなり写真多いです。

※GRⅢはすべて撮って出し。イメージコントロールは、ハードモノクローム、ポジフイルム調、ブリーチバイパス

北浜~出町柳間、500円の追加で利用できる京阪電車のプレミアムカー。
その快適さは何度もリピートしてしまうことで証明できちゃう。

 

 

そしておっさん一人にはなかなか敷居が高ったお店。
なんとかクリアできたので、少しは戦闘力上がったかなあ(笑)
夏の限定メニュー「うなぎの夏色釜めしセット」

 

α7sで撮る京都

最初は、tamronの28-200mmレンズを付けてたけど、一度FE85mmF1.8に変えたらもうレンズ交換が面倒になってそのあとずっと85mm縛り。
なかなか手ごわいこの画角。

※lightroomで現像してます。

 

iPhoneSEで撮る京都

 

※lightroomカメラで撮影。その後adobeクラウドを介してiPadで現像して書き出し

 

 

緑の濃い季節。
ただでさえ暑いのに、マスクで余計に暑かった。
しかし思っていた以上に人が少ない。
錦市場なんて、歩くことすら困難だった時期からするとお店が気の毒なほどに人出がない。
こちらの都合としてありがたいのだが…

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です