goods

Teton Bros. Wind River Hoody

アウトドア用というよりはむしろ普段着として。

※実際に購入したのは2ヶ月ほど前ですけど、今頃のUPです。下書きのままほったらかしにしていたので表現に季節感の違いがあるかもしれません。ご了承ください。

毎日スーツを着なきゃいけない仕事でもないので、ある意味年中クールビズ、ウォームビズな僕です。

アウターとして、重宝&ヘビロテな一着は、パタゴニアのトレントシェル・ジャケット。
たぶん、365日のうち半分は着てんじゃない?というくらいの愛用者。

ただ、2年も来てるとかなり傷みが出始めている。
撥水効果はまだ健在なので、捨てるつもりはないけど、一日でも長持ちさせるには時々は休息日を与えないといけない。

そこで雨の心配がない日の、ウィンドシェルを買うことにした。

本命は、アークテリクスのスコーミッシュフーディ。
しかし2万円を超えるうえ、人気の黒のSサイズは早々にソールドアウト。
そこで前から気になっていた、ティートンブロスのウィンドリバーフーディを選んだ。

伸びます

透け透け (//∇//)

丈は前が短く、後ろが長い

バックにもポイント

ポケットは、右裾に1カ所のみ

気をつけないといけないのがサイズ感
身長165cm、体重60ウン㎏(笑)、ウエスト80cmのややメタボ体系ですけど、
購入したサイズは、「s」
このあたりのサイズ感は、購入させていただいた「GRiPS」さんの丁寧な説明が非常に役立ちました。
ほんとうは何気に「M」を買うつもりだったので。

ところで、先日の大台ケ原にも着ていった。
冷たい風の吹く日だったけど、ちゃんと風を遮ってくれて腹を冷やすことなく歩けました。
ただこれからの季節は山では着ないかなあ。
というのも、「黒」だからアブが寄ってくるんです。
大台でも駐車場でうろちょろしている時にどうも、服にくっついたようで、帰りの車中でパニックに襲われたから…(爆)
まあ、予定通り普段着として活躍してもらいます。

※写真はすべて、iPhone7

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です