α7s

ちょうど見頃だった向日葵

(仕事の)移動の途中で少し寄り道をしてきた。
本当は雨に打たれる向日葵をローキーで撮りたいと思っていたのだが、雨は上がってしまい、でも低い雲が広がって何とも中途半端な状況下での撮影となってしまった。

革靴だと滑って尻もちの可能性があるのでちゃんと長靴を持参していた。
ちょうど見頃の時期に行けたにもかかわらず、引き出しが少なすぎてどう撮ればいいのかさっぱり見当つかない。
確か以前に訪れた時も同じ感覚になったんだよなあ。
進歩してないや…^^;

訪れた場所は、兵庫県小野市のひまわりの丘公園

 

 

SONY ILCE-7S tamron28-200mm iso100 F5.6 88mm
もっとパンフォーカスで撮るべきだった
SONY ILCE-7S tamron28-200mm iso100 F5.6 187mm
ほとんど白飛びだったのに驚きの粘り
SONY ILCE-7S tamron28-200mm iso100 F5.6 187mm
SONY ILCE-7S tamron28-200mm iso100 F5.6 200mm
SONY ILCE-7S tamron28-200mm iso100 F5.6 72mm
わずかな青空を無理矢理バックにした

 

相変わらず撮った感より撮らされ感いっぱい。
ピント位置の変更など操作がまだ依然として慣れない。
FUJIFILMの操作性の良さにすっかり感覚が鈍ってしまっているようだ。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です