daily

愛すべきボールペン!


ボールペンのお話をば。

もともとボールペンがあまり好きじゃない。
それはおそらく昔のイメージを引きずったままだからだと思う。
紙に引っ掛かるあの感触が苦手。
もちろん使う紙の質に左右される部分もあるんだろうけど…
特に昔は、それこそ子供の頃に学校で配られる紙、僕たちは「ざらばんし」とよんでいたあの紙はひどかった。
シャーペンやボールペンで筆圧を掛けると破けるし、砂消しゴムなら消してる間に破けてしまう。
紙に引っ掛かる感触が嫌という思いの原点はあの「ざらばんし」にあるような気がしてならない。

閑話休題

とにかく滑らかに文字を書きたい!のだ。

 

一方で、ボールペンはある意味消耗品で、なんか替え芯タイプのモノを使う気にはなれない。
これって思えるモノに出会えなくて、一時は書かれる側、つまり「紙」の選択に滑らかさの手段を求めてた時期もあった。
だけど紙というのは常に自分で持ち歩くモノではなく、「所定の用紙」というモノが世の中にはそれこそ星の数ほど出回っているわけで、書き味の悪い筆記具と書かれ味(?)の悪い紙が出会ったときのストレスたるや、なんとも説明のしようもないし、おそらく万人に理解される話じゃないだろう。

元来が飽き性で、1本の筆記具を長年使うなんて芸当ができません。
だからさっきも書いたように、替え芯タイプのモノは持てないし、一生モノとか男子たるもの万年筆を!とかいうモノは全くもって必要としていない。
理想は100円そこそこで買える使い捨てタイプの、滑らかに書けるボールペンと出会いたい。
そう思い続けた僕が、ここ何年か1択で選んでいるボールペンが、パイロットのアクロボール。
最初に使ったのは、おそらくどこかの会社の試供品としていただいたモノだったはず。
この滑らかさは素晴らしい!
試供品でいただいたたった1本を残して、デスクにあった他のボールペンをすべて処分(同僚に無理矢理押し付けた)した。

書き味の秘密は、アクロインキにあるらしい。

 

「アクロインキ」は、従来の油性インキに比べ、約1/5のインキ粘度です。また、潤滑剤を配合し、ペン先でのボールの摩擦抵抗を低減することで回転がスムーズになり、なめらかな書き味と書き出し時のカスレのない濃い筆跡を実現しました。もちろん油性インキならではの優れた耐水性です。(メーカーホームページより抜粋しました)

そうカスレない。
他のモノと違って、インクが無くなったときは、「あ、そろそろこのボールペン使えなくなりそう」という気持ちを持たせてくれない。
スパっと使えなくなる。
そう、とても潔いのです。

試供品が0.7だったから、それ以降ずっと0.7しか使っていない。
0.5もあるようだけど、もしそれを使って、「え?」とか「うん?」とか言いたくないから0.7しか使わないことに決めている。

さらに、そして近所の文房具屋さんで見かけたことがないので、毎回Amazonで箱買いしている。

 

 

 

 

 

いや、困った。
困ったことを見つけてしまった。
こんなブログを書いてしまったために、とんでもないことを知ってしまった。
できる限り正しいことを書かないといけないので、一応商品のホームページとか見るじゃん?
そしたらそこに、「替え芯」って書いてある。
散々使い捨てで良い、むしろその方がとか書いてきたのに、替え芯タイプのボールペンだったなんて…
箱買いなんて粋がってる場合じゃなかった。
もっとエコに配慮しないと。いい大人なんだから…(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です