これで本当の完結でしょ。『花だより みをつくし料理帖 特別巻』

Kindleを使うようになってから、実物としての本、特に小説の類を買わなくなった。

僕の本の読み方はかなり独特である。
飛ばし読みが過ぎるのだ。
それが面白ければ面白いほどに、そのスピードは速くなっていく。
結果が気になって仕方がないから。
作者が、一生懸命紡いだ文字やその構成など知ったこっちゃない。
それほど上っ面を読んでいく。
だから作家さんからしたら、僕の読み方には不満があるんじゃないかなぁ。

でもね、その読み方にも利点がある。

何度も読み返すことができるのだ。
結末を知っていようが、読むたびに新しい発見がある。
むしろ結末を知っているからこそ、安心して読み返すことができるのだ。
それでも、読むスピードは速いので、2度3度、いや何回も読み直すことができる。

そういう意味では、Kindleは便利だ。

iPadやiPhoneはもちろん、仕事のPCですら時間があれば読めるのだから。

さて、そんな僕でも実際に本を買うことがある。
kindle版になっていないモノ。
そして大好きな作家さんの本…

今回はそんな大好きな作家さんの新刊のお話し。

高田 郁著 『花だより みをつくし料理帖 特別巻』

みをつくし料理帖は、4年前の夏、ちょうど10巻目で完結した。
今でも1年に1回は読み返すほど大切なシリーズ。
何度も何度も同じ場面で涙がこぼれてしまう。
主人公の澪だけでなく、登場人物が一人ひとり物凄く丁寧に描かれていて、感情移入が半端ないのだ。

さて、そんな完結編から4年。

今回描かれる舞台も4年が過ぎた未来のおはなし。

・相変わらずの種市のおはなし。
・小松原様の不器用な優しさがにじむおはなし。
・野江がどうやって生きていくのか?気になって仕方がなかった、謎解きがされるおはなし。
そして、
・澪と源斎の相変わらずのもどかしいやりとり。

おそらく、読者の大半が気になって仕方がなかったであろう4人(組)の4年を描いた特別編。
このあたりの話の提供で、高田さんの読者はまた心をぎゅっとつかまれることだろう。

4年前の『天の梯』は見事なフィナーレであったけれど、澪と野江は大坂でちゃんとやっていけるのか?
それはもう、親戚の叔父さんが、かわいい姪っ子を心配してやまない、そんな感情が読後感として残った。
そんなもやっとした心配を一掃させてくれた今回の特別編だ。

これでもう、澪も野江も、大坂でちゃんと生きていける。
この特別巻でもって、みをつくし料理帖シリーズは堂々のハッピーエンドで幕を閉じることができた。

この本もかなり、飛ばし読みすぎたので、今2度目の読みなおしをしているところです(笑)

(注)江戸時代のお話しなので、大坂と表記しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事一覧

  1. mountain

    レース初参戦! “FAIRY TRAIL”
  2. goods

    カメラストラップ カシェ・バナーヌ
  3. goods

    モンベル ジオラインL.W.ウエストウォーマー
  4. goods

    パッキングについて
  5. days

    思いつきは吉なのか、凶なのか?
PAGE TOP