今日もひとりで山に行く
山、旅、写真…そんなお話し
goods

Peak Design Everyday Sling 5L 

新しいカメラバッグのファーストインプレッション。

X100Fのおかげで、どうにかレンズ沼から片足を抜くことができたかと思ったが、実はもう一方の足がどっぷり浸っている沼があった。

バッグ沼だ。

いかにも、「カメラバッグ」です的な物をとうてい持てないええかっこしい。

その性格が災いして、レンズ沼より深みにはまっている。

しかし、もしかしたらこのバッグが「沼」から抜け出すきっかけになるかもしれない。

普段から、ミラーレス(X-T2)とコンデジ(X100F)の二つを持ち歩くことはめったになく、できればミラーレスと交換レンズ1本を持ち歩くことができるほどよい大きさのバッグを探していた。

横浜帆布の、Aviators Kit Bag 2/3Slimに放り込んでいるのだが、すこしバッグの高さが大きいため、カメラを取り出すのに手間がかかる。

それとショルダーバッグだと、自転車に乗るときに前方向にバッグが動くことがあり、そこがマイナス。

このエブリデイスリングは、ウエストバッグとしてもスタイリッシュに使えそうなことが購入を決めた大きなポイント。

HPから借用

例えば、京都へ数時間行くことを想定した場合、X-T2+XF23mmF1.4、交換レンズとしてXF18-135mm、iPhone7、交換電池、ポータブルバッテリー、財布、そして御朱印帖を持っていきたい。

X100Fだけなら、もっと気軽に運べる。

そしてピークデザインといえば、やはりキャプチャー。

このバッグも対応している。

実際こんな使用をするかは疑問だが。

ウエストバッグとしても使えると書いたけど、実は身体の固い僕には少し取り回しがキツイ仕組みになっている。

ウエストバッグとして使用する際のベルトの状態

スリングバッグとしてのベルトの状態

街歩きしながらの撮影の際の大きさとしては、いい大きさだと思う。
できれば、交換レンズもなし。
そんなときのベストバッグじゃないだろうか。

実際にもう少し使い込んでから、さらに見えてくることがあるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です