今日もひとりで山に行く
山、旅、写真…そんなお話し
photo

フィルムシミュレーション ETERNAが好きになった件

どちらかといえば、朝がた、夕がたに写真を撮ることが多い。
富士フイルムのカメラを使うようになって一番感じたことは、ブレることが多い。
できるだけ気をつけてはいるものの、isoを上げざるをえないことが多かった。

X-H1を欲しくなった理由はただ1点。
ボディ内手振れ補正だ

たくさんの物を処分して、X-H1を手に入れたのは、10月だった。
大台ケ原に持っていったカメラは、X-H1でした。

これは本当に大正解で、手振れは激減した。

そしてこれまたある理由から、FUJIFILMのレンズは今、XF16-55mmしか残っていない。
手振れ補正のついていないこのレンズを使おうとすれば、もうカメラはX-H1 1択。(僕にとっては)

あ、そうそう今回の話はフィルムシミュレーションでした。

X-H1には、エテルナが追加されました。

正直最初は、「なんか彩度が低いだけの、動画用のシミュレーションでしょ。」ぐらいにしか思っていなかった。
だからほとんど使ってこなかった。

じゃあ、なぜ?

彩度の高い、明瞭度の高い写真が溢れていて、自ずと自分の現像もそうなってしまって。
でも、本当は自分の好きな色はもっとあっさりとした色。

そう、フィルムで写した青空のような。

LightroomでRAW現像する際に、カメラキャリブレーションを時々エテルナを選択することはあったけど、ただ眠たくなるような再現性にうんざりしていた。

ところがあるとき、ふとカメラ内現像をしてみたら、Lightroomとは全く違う色が出てきて驚いた。
そうまさしく好きな色だったから。
そしてそれをもっと確かめるために、久しぶりに『X RAW STUDIO』を起動させてみた。

すると、エテルナの色に一気に惚れてしまった。

左:velvia 右:eterna

左:velvia 右:eterna

左:classic chrome 右:eterna

エテルナを選択する際は、ハイライトはとりあえずマイナスの1もしくは2
シャドーの増減は絵によって変える。
そんな感じの調整で気にいってる。

実はマウントチェンジを考えていたんだけど、やっぱりしばらくは富士フィルムから離れられそうにないや。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です