今日もひとりで山に行く
山、旅、写真…そんなお話し
days

フェルメール展に行ってきた

先週の日曜日、フェルメール展に出かけた。
混雑を避けようと、9時30分の開場に合わせようと思い、しかしその前に新世界でモーニングを食べよう。

恵美須町からの新世界。
その小さな喫茶店は、常連客がいっぱいで、たまたまの一見客が一つのテーブルを独占するということに少し居心地の悪さを感じてしまい、予定より早く店を出る羽目になった。
でも愛想の良い老夫婦の接客からは、一見を拒む素振りなど微塵も感じず、居心地の悪さは、おそらく僕が勝手に感じたに過ぎないと思うんだ。

雨予報の曇り空。
ビニール傘越しの新世界を写真に撮ろうと思っていたけれど、期待に反して雨はさっぱり降ってこなかった。

仕方なく、大阪市立美術館へ。
開場の30分も前に着いてしまった。
すでに、100人ほどが列を作っていたので、その中に紛れ込んだ。

今回のフェルメール展に出展されている彼の作品は、6点。
17世紀のオランダ美術の良作を引き連れての展示。

フェルメールの魅力って何だ?

まるで映画の1場面を思わせる、モデルの表情。
そう、ストーリーを感じさせる表情がとても素敵だと思う。
「取り持ち女」なんて、描かれた4人がこれからどう動いていくのか?想像するだけで楽しくなってしまう。

できることなら、人にぶつかられることなく、ゆっくりと見て回れたら良かったのだが。

ところで、今回も音声ガイドを利用したのだけど、全部石原さとみが喋ってくれるのではなく、作品解説は男性の声に変わるんだよ。なんか興ざめ。前回の「ルーブル肖像画展」では高橋一生がたっぷりと喋ってくれてめちゃ価値あったのにね。

RICOH GR

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です