写真のこと

写真のこと

フィルムで振り返る、2021年秋 その2

2021年の秋に、ミノルタのTC-1で写したフィルム写真。使ったフィルムは、富士フイルムのsuperia premium400
写真のこと

実は、舌の根が乾かないうちに買い替えていました

Nikon Z6 いきさつというか、言い訳をつらつらと 去年、「迷走編」というタイトルでカメラに関する記事を5本アップしました。 フィルムに手を出した分、デジタルはお...
写真のこと

フィルムで振り返る、2021年秋

フィルムカメラを再開した当初は、嬉しくて1本ごとに現像に出してたけれど、最近は少し落ち着いてきたので、最低でも2本溜まるまでは我慢するようにしてます。 ちなみに今は3本溜まるのを我慢してる。 ↑ 現像をお願いしているフォトカノンさんで...
写真のこと

MINOLTA TC-1×Lomography Color Negative100

TC-1のセカンドロールに選んだフイルムは、ロモグラフィーのcolor negative 100でした。 ”チャーミングな色を写す鮮やかな写り”らしいのですが、果たしてどうだったのか? 今回の現像は、京都の『Photolabo hi...
写真のこと

MINOLTA TC-1 ファーストロール

いったん沼に足を踏み入れてしまうと、そのまま深みにはまるのを良しとするタイプです。 さて、久しぶりに手にしたフィルムカメラ。 目測式のYASHICA ELECTRO 35 MCは、見た目も可愛いけれど、無造作にバッグに放り込めるタイプの...
写真のこと

いったいいつまで迷走し続けるのか Vol.5 コンデジ編

Panasonic DMC-LX5 本来であれば、このカメラのことはもう少し前に記事にする予定でした。 少なくともこのカメラの記事の後ぐらいの予定だった。 ぶっちゃけた話、GX100はすでに手元にありません。 ...
写真のこと

いったいいつまで迷走し続けるのか Vol.4 PEN-Fのレンズで悩む

見た目のカッコよさがきっかけで買ったカメラ、PEN-F。 今や、僕の唯一のミラーレスになってしまった。 NOKTON Classic 40mm F1.4 SC VM もともとは、α7sで使う...
写真のこと

いったいいつまで迷走し続けるのか Vol.3 PENTAX編

保湿庫からα7sの姿が消えて途方に暮れていたのが、カールツアイス・イエナのレンズたちだ。 PEN-Fに付けることはもちろん可能なのだが、それぞれ換算で100mm、270mm相当になってしまうレンズは、すこぶる使い勝...
写真のこと

いったいいつまで迷走し続けるのか Vol.2 フィルムへの回帰

およそ5年振りぐらいにフィルムカメラを手にしました。 そのきっかけになった出来事は、PEN-Fの購入と同時に買ったストラップ、その購入先のお店からしばらくして2本のフィルムのプレゼントをいただいたこと。 YASHICA ...
写真のこと

いったいいつまで迷走し続けるのか Vol.1 LEICA X2を買いました

特に何も無かったし、起こらなかった夏が過ぎて、紅葉の秋を迎えようとしてます。 だからと言うわけではないし、相も変わらず、どっ散らかっている僕のカメラ事情をば。 同じようなネタを提供し続けているこのブログですが、今回はさすがに(僕的には)...
写真のこと

近頃増えたカメラたち その1 RICOH Caplio GX100

いっときの断捨離モードなどなんのその。 このところ、カメラが増えている。 と言っても中古の比較的安いものばかりですが… とは言え、『安い』という理由だけであろうと買っているのは自分自身だから、責められる(誰に?)のは仕方がない。 とは...
タイトルとURLをコピーしました